きっと会えたね!会えたんだね!

昨日は、石巻にて、
妹の四十九日と納骨でした。


快晴の空の下、みんなで
祈りました。。。


数日前に、夢なのか、何なのか

不思議な夢?声?
を聞いた気がした。


妹は、若い青年と一緒だった。


颯太と、会ったがら!


妹が、亡くした子供の名前だ。


そうか!颯ちゃん、生きてれば
18歳。青年だ。


何しても悲しくて悲しくて
泣いてたけど。。。

あれから、何でか、あまり
泣かなくなった。



妹は、颯ちゃんのいる世界に
行ったんだなぁ。

安心したのかなぁ。



快晴の空に。。。



子供達、みんなで守るから。
頑張ってるよ。二人とも。



帰りに、みんなで女川にいった。


画像



震災で、何もかも流されて、
なくなった。

写真は、
新しく出来た女川駅の駅舎から。



帰りは、
石巻線で、女川駅から石巻駅に
向かう。


私達が乗る電車と、
義弟と甥っ子、弟くんが
乗るクルマとが、並走する。


いつまでもいつまでも手を振って。


踏み切りでは、バイトに行く、
甥っ子、お兄ちゃんが
手を振って。。。





今日は、3月11日。

あの日から8年。

忘れられない、
忘れてはならない日。


家の目前まで津波が迫って来た日。
あの日、妹が見た景色は
どんなだったろう。。。。

どんなに大変だったろう。



追悼の日。しずかに。。。


みんなを見守っててね。。。